即日融資を実現させるには

お金を借りるとき、すぐにでもお金を借りたいという人がいます。
そんな時、即日融資をしてもらえれば理想ですが、どのようにすればそれが可能なのでしょうか。
まずは、融資の申し込み方法に関して工夫が必要です。
融資の申し込みをする際に、店舗に行って申し込みをすると、なかなか即日の融資は難しくなります。
cardloan2というのも、店舗には営業時間があるからです。
銀行ですと、平日の午前9時から午後3時までが営業時間となっております。
午後3時から翌日の午前9時、そして土日祝日というのは、一切融資の申し込みができません。
消費者金融の店舗の場合でも、銀行よりは営業時間は長いですが、それでもずっと営業しているわけではありません。
即日の融資を可能にするためには、インターネットでの申し込み、もしくは無人契約機での申し込みが最適です。
インターネットであれば、いつでもどこからでも申し込みをすることができます。
たとえ仕事中であったとしても、消費者金融に申し込むことは可能です。
無人契約機の場合には、無人契約機に足を運ぶ必要はありますが、申し込み処理の速さはインターネット申し込みと同様です。
審査を早くしてもらうというのも、即日融資においては重要なことです。
そのためにできることといえば、まずは限度額を少なく申請するということです。
借りようとする金額が多ければ多いほど、審査は厳しくなります。
限度額は後からでも増やすことは可能ですので、まずは限度額を少なく申請して、比較的早い審査通過を狙ってみましょう。
審査のひとつに在籍確認というのがあります。
これは、申込書に記載されている勤務先に、実際に本人がいるかを電話確認すると言うものです。
本人が電話口に出ればもっとも手っ取り早いのですが、同僚や上司などにあらかじめ話しをしておくといいでしょう。
そうすれば、本人が電話口に出られないときでも、同僚や上司がしっかりと本人の在籍を証明してくれます。
どうやってお金を融資してもらうか、その融資方法も即日融資では考えなければなりません。
カードローンなどで意外と時間がかかるのが、ローンカードの発送です。
2日から3日はかかってしまいます。
これでは、とても即日融資どころではありません。
ではどうすればいいのかというと、これには2つの解決方法があります。
まずは、無人契約機を利用することです。
無人契約機で契約をすれば、その後ローンカードが端末から発行されます。
それを持って併設されているATMでお金を借りることができるのです。
もう1つの方法は、口座に振り込んでもらう形にすることです。
カードローンの中には、「カードレスのカードローン」という矛盾するような融資があります。
カードローンのように気軽に、カードを発行せずに融資を受けようということです。
カードを発行しないので、契約をしたらすぐに融資を受けることができます。
口座に振り込まれる形となっておりますので、それをすぐに移し変えることも可能です。